書名:

『新疆およびフェルガナのマザール文書(影印)2』

編著者:

アブリズ・オルホン、菅原純編

書誌情報:

東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所, 154pp., 2007年発行

内容:

日本語、英語、現代ウイグル語、ウズベク語合璧。執筆担当部分:序文ならびに「ヤルカンド・マザール聖者伝集成」解題部分の日本語ならびに英語部分。新疆で入手したヤルカンドの聖者廟伝説の集成である個写本の影印と解題を提示した。