所  載 『イスラーム地域研究ジャーナル』 vol.2 (2010) 97-98頁
HTML版公開 2010年5月5日
最終更新 2010年5月5日

(新刊紹介)
Dautcher, Jay

Down a Narrow Road: Identity and Masculinity in a Uyghur Community in Xinjiang China.


(Harvard East Asian Monographs 312),
Cambridge(Mass.) and London: Harvard University Press, 2009, 349p.



本書は中国・新疆ウイグル自治区イリ地方(とりわけグルジャこと伊寧市)に居住するウイグル人とその社会に注目し、アプローチを試みた文化人類学の著作である。具体的にはその生活空間、ローカル・アイデンティティ、ジェンダー、ライフサイクル、経済活動そして宗教行為の社会的側面等のトピックにつき、コミュニティのなかでの人々のアイデンテティと男性たちの社会的結合形態(著者はこれに「男性性masculinity」という用語を当てている)に特に注目し、詳細な記述と分析とが試みられている。新疆において、外国人研究者が長期にわたりフィールドワークをおこなうことは、新疆特有の事情により、依然として実施が難しい状況にある。そういった中にあって、著者は例外的に1年代半ばに一年余の期間、実際にイリのウイグル人ホスト・ファミリーのなかに身を置くことを許され、参与観察の手法により社会調査を実施したものである。それゆえ本書に示された著者の観察はそれ自体疑いない希少性を有しており、著者はそこに広範に渉猟された資料文献の記事情報や直近の人類学の研究成果などを周到に織り込むことで、本書の記事に比類の無い高い参照価値を持たせることに成功しているのである。また本書は生硬な学術論文の文体をとらず、終始一人称で自分の体験を追体験させるような語り口で、家庭や地域コミュニティ、そして市場と言った複数のレヴェルや場面で、眼前に生起する事物や出来事をつぶさに提示するスタイルを取っている。学術上の議論を離れた「異文化体験の書」としても十分に読み応えある一冊であると言えよう。






本書はアマゾンでお求めいただけます。


uighur.jp HOME
著作インデックス
業績目録